COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆15倍!ランチの値段の格差とパンダ

◆15倍!ランチの値段の格差とパンダ

◆15倍!ランチの値段の格差とパンダ
昨日のランチは、奈良から来ているお義父さんと銀座のお寿司「はっこく」へ行きました。
予約の取れないお店らしく、お一人様15000円。

前日の会話。

私「その話、聞いてへんけど、何人予約したん?←エセ関西弁」
旦那「2人やけど」
私「なんでやねん!3人やろ」
旦那「いや、行かれへんゆうたやん」
私「ゆうてへんわ!」

結局、当日はお店まで3人で行き、旦那さんが「予約してない1人、入れますか?」
と聞いたものの、満席でNG。

私は隣のビルの「長崎まるごと屋」に行き、1人で長崎ちゃんぽんを食べた件。
因みに、1000円でした。
安上がりな女やな。

◆その後、3人で上野動物園へ。
道すがら、お義父さんは何度も、ランチのお寿司が美味しかった!と絶賛します。

義父「ほんま美味しかったなぁ。やっぱり一流は違うなぁ」
私「(恨めしそうに)どんな風に一流だったんですか?」
義父「味ももちろんやけど、兄ちゃんのトークが最高やねん。よぉ話を合わせてくれるねん」
私「さすがやね。で、例えばどんな話したんですか?」
義父「そらぁ覚えてへん」
私「覚えてないんかいっ!」

パンダを見るために20分待っている時、お義父さんが話しかけてきます。

義父「由美子さん、よぉ帽子被っとるな」
私「はい」
義父「美智子様並やな」
私は「手振らんとな」

パンダを見た後、記念に3人でパシャリ。
檻の外で撮りましたが、見方によっては「檻の中」に閉じ込められた捕獲された3人です。

◆実は、お寿司屋さんに行くとき、3人で有楽町で待ち合わせしました。

旦那さんは午前中、用事があったため、私はお義父さんと有楽町の待ち合わせ場所に行きました。

浜松町から乗ることに。
山手線と京浜東北線、どちらでも行けるのですが、ホームに着いた途端、京浜東北線が入ってきました。

義父「(駆け出しながら)これ乗ってええんやな」
私「はいっ!」

浜松町→新橋→有楽町
なのですが、発車して少し経ち、お義父さんがアレ?という顔。

義父「あれ?次、東京やて」
私「え?」

どうやら快速に乗ってしまったよう。
東京駅で降り、有楽町に向かうことに。

階段で反対側のホームに着いたら、山手線が入ってきました。

義父「これは大丈夫やろ」
私「ですね」

発車して、2人とも安堵しました。

義父「さすがに山手線は快速ないから大丈夫だやな」
私「ですよねー」
義父「あ、あれ?次、浜松町やって」
私「え?」

どうやら、山手線にも快速があったようです。

私達は再び浜松町へ……。

浜松町から有楽町に行きたいのに、快速に乗ってしまい、東京へ。
東京から有楽町に行きたいのに、快速に乗ってしまい、浜松町へ←今ここ

無限ループで時空を超えている錯覚に陥りました💦

気をとりなおして、再び浜松町から京浜東北線に乗り、ようやく有楽町へ着きました。

もともと、待ち合わせ場所に20分早く着く予定が、約束時間ピッタリに着いたので、結果オーライです。

時間という檻の中に閉じ込められた私達。
ボケネタが尽きない2日間でした。

関連コラム

カテゴリー