COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆脳が本当にやりたいことに時間を使えなかった事例

◆脳が本当にやりたいことに時間を使えなかった事例

〜自分とのパートナーシップが鍵〜

いま終わったコンサルが超奇跡でした…
波動測定✖️時空力✖️ブレインスパ
の組み合わせ、ヤバ〜い❗️
と、可能性に震えています笑。

次のコンサルが始まるので、詳細に書く時間がないのですが、記憶が薄れないうちにメモがわり。
(次のコンサルやると9割記憶から消えるタイプ)

この方は、120分コースの半年継続コースを受けられて、今日が5回目でした(zoom遠隔です)。
ずっと「職場を辞めたいけれども、引き留められるとやめられない」とお話しされていました。

一番最初から、私は「本質的な課題はパートナーシップですね」とお伝えしていました。
表面上は仕事の人間関係の悩みなのですが、真の課題はそこではないと思っていたのです。

ただ、ご本人はそのことの真意を当時は理解されていなくて、
表面的に「パートナーを見つければいいということでしょうか。でも今はそんなに興味ないんです」という捉え方でした。

でも、そういうことではないのですよね…💦

それを腑に落とすための、仕事の悩みなのです。
それを今日の5回目で、完全に腑に落とされていました。

それが、わかりやすく「機械」で見える化されたので、ますます確信されていました。
やっぱり「見える化」大事~。

◆この方は、コンサルを4回かけて「仕事をやめます」を、社長に言えるまでになっていました。
最初は「辞めたいけれど辞められない(辞めたくない)」という矛盾する思考でしたので、それ自体凄いのですが……。

次の課題がきたわけです。
「でも辞めたら何をすれば?」

今日の前半コンサルでは「何をしたいのかわからない」というお話をずっとされていました。
それに対して私が質問をしていくと、なぜか後半は全く真逆のことを言い始めました。

「やりたいことはもう決まっているんです。~~~という業界で、ブログなども始めているんです」

決まってるんか~~~~~いっ!
と、心の中で突っ込みましたよ、私は(笑)。

でも敢えて言わずに、ずっと聞いていて、最後にお伝えしました。
「今日、前半と後半、正反対のことをお話しされていたの気づきました?」

「あ……」と息を呑む声がして、その後こう話されました。
「私、本音を言えないんですよ、昔から」

だと思います……。

この方、才能はものすごくある方です。
仕事ができる方なのです。

でも、自分の本音をいつも隠して、建前でかぶせてしまうので、いつも心が葛藤だらけ。
矛盾する願いがいつも脳の容量を一杯に占めていたのです。

そうなるとどうなるのか?
頭はいつも非生産的なことで占められ、「本当にやりたいこと」に集中できなくなります。
容量のキャパがいっぱいだからです。

私はこう言いました。
「これが私が最初から言っていた、パートナーシップの課題ですよ」

この方の場合、女性性の「自分の望みはこれよ」と言葉にする部分で躓いていたので、男性性が「それを実現してあげるよ」と言えない状態を作っていたのです。

そのことをお伝えすると、ようやく理解してくれました。
今日はわかりやすく、前半と後半、真逆のことを話していたことを自覚されたからこそ。

その後、ブレインスパを「あるイメージ」をして受けてください、とお伝えしました。

◆ブレインスパが終わった後、私は驚愕することになります。
今日のコンサル前の波動測定では、驚くほどおびただしい葛藤が噴出していました。
(写真ビフォー)
写真は1ページですが、この10倍あったのです!

最初の波動は「適合」。これは、逆の「不適合」という意味です。
つまり「今いる場所は、私がいる場所ではない」と感じている時に出ます。

それが派生して、10ページに渡る波動になっていたのです。

ところが、コンサルで「自分の本当の課題はパートナーシップだった」と腑に落とされ、
更にブレインスパで「新しい脳のシナプスに書き換えた」結果……

なんとその後の波動測定では「ゼロ」という結果が出ました。
300以上に及ぶ葛藤が0へ……。
相当に思考の整理がブレインスパでできたのだと思います。

早速ご感想を聞いてみると「ブレインスパの最後の方で、あ~わかった!ずっとそうだった、もうやりたいことをやればいいじゃない!と確信できる瞬間がありました」とのこと。

やっぱり……。
そうでないと、ここまで劇的には変わりませんよ……。

私にとっても感動的な内容でした。
この方の脳の容量が空くので、「やりたいことにのみエネルギーを注ぐ」ことに集中できるようになりますね~。

いや~ビックリした!!!
面白かった!!!

ということで時間が来たので、次のコンサルします……
(書き殴りで、意味が分からないことがあるかと思います、すみません)

関連コラム

カテゴリー