COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆真の女性性の底力を発揮する時代へ

◆真の女性性の底力を発揮する時代へ

◆真の女性性の底力を発揮する時代へ
〜しかし男性性も大事・備蓄品公開〜
お金の流れについて、明らかに変化してきているな、と思うことがあります。
限られたコミュニティ、クライアントさんに話していたことを、一部記事にしたいと思います。

今年に入って、大金がなくなった、騙し取られたという話をたくさん聞きます。
1人2人ではないのです。
また、昨年から急に売り上げがなくなった、という話も、これまた1人2人ではなく聞きます。

ここまでくると、個々の潜在意識の話というより、集合無意識の変化の話になってきていると思っています。
確かに、世の中のお金の流れが変わってきていると思うのです。

ある講座の方には、昨年から「来年、お金の価値がなくなる流れがくるかもしれない」と伝えていました。

それは、色々な情報筋からの話もありますし、クライアントさんや周囲の人を観察していて、その流れにきているなと感じたからです。

◆ところで、昨年、短期間ですが、メルカリ通貨で(笑)生活していたことがありました。
不用品を売って、その売り上げでメルカリの商品を購入するという生活です。

この生活は、なかなか楽しく、ふとこんなことを感じました。
「未来では、お金のかわりに、こんな流れが加速するかもしれない」

メルカリでは「普通、そんなもの売れないでしょ?」
というような意味不明のものまで販売されています。
小枝とか、トイレットペーパーの芯とか、
本当か証拠もないのに、有名人の髪の毛1本とか(笑)。

でも、それらに価値を感じれば、お金を出す人はいるのです。
「ある」を分かち合う豊かな世界、価値を創りだす世界を実感しました。

メルカリより広い範囲で、今後そういうことが実現するのかな、と思いました。

その一つが、金髪ビンボーよしえさんの存在(笑)
彼女は「私の存在に対してお金や食べ物をちょうだい」と言っているようなものなのです。

◆話を戻しまして。
いま、コロナで世間がザワついていますが、これはきっかけに過ぎないと思っています。
昨年からのお金の流れを見ていても、それらは伏線として一つの未来へ繋がっているような気がしてならないのです。

新しい次元に移行するときは、必ず一見試練のようなことが起きます。
一旦、何かを完全にリセットしなくてはならない場合もあるでしょう。

今の流れの中の試練は、ひと言でいうと、今までの「もっともっと!」という時代の終焉を受け入れ、
「ザ・ジブン(これは旦那さんの造語です)」「自分の存在意義」を確立することなのかな、と思っています。

「もっともっと!」の根底には、不足感、欠乏感があります。
人より何かを多く持っていることで「自分に価値がある」を実感するマインドです。

それらは悪いことではなく、自分の価値を信じる1つの手段だったと思います。
そういう時期を経る必要があったのだと思います。

ただ、拡大主義がいきすぎると、地球の環境悪化を含め、結果的に人間の首をしめることになりかねません。
(その一つの表れが、不登校の子が増える、引きこもりが増える、などだと思っています)

だからこそ、世界が次の段階に移行する時期がきたのかな、とも思います。
こんなに世界がアチコチで封鎖をする事態は、なかなかないと思います。
戦争というカタチではなく「世界が一つの目的に向かう」というのは、ある種の期待を遠い未来に感じることができます。

一時的には、混乱が起きることもあるかと思います。

が、その先には、「どれだけお金があるか」「どれだけ実績があるのか」を超えた「ザ・ジブン」で存在して、
分かち合う世界があるのだろうと予感しています。
それが、あるコミュニティ内で実現するのか、もっと広い範囲で実現するのかは、
今の1人1人の「意識変化」にかかっていると思うのです。

昨今、「本当にやりたいことがわからない」と悩む人が、想像以上に多いなと感じていました。
そして、増える不登校の子供たち。
引きこもる大人たち。

それらが、すべて「向かうべき新しい伏線」だとしたら……
すべての根底にあるのは「ザ・ジブンで生きたいのに」という究極の願いなのではないかと思うからです。

その願いをせき止める要因を解決するには、世界に強いインパクトが起きる必要があります。
そのきっかけが、わかりやすいカタチで「コロナ」として現象化したのだと思います。

これから、もっともっと大きな変化、というか一斉に別次元にシフトするための出来事が起きると思います。

でも、どの瞬間でも「ザ・ジブン」を呼び覚ましたいと思います。
世界が「ザ・ジブン」でいれば、結果的にいわゆる「ワンネス」の世界が3次元で実現すると思います。

こんな時こそ、女性性の発揮が大事になります。
「命」を活かし続けてきた女性性のおかげで地球も人も生かされてきたのです。

数年前から「これからは女性性が大事」と伝えてきましたが、真の女性性の「底力」を発揮していきたいですね。
男性性の「もっともっと」という拡大志向の限界を、今回の一連の出来事は、はっきり見せてくれたと思っています。

◆とはいえ、現実を生き抜くには「男性性」も必要です。
「いまある命の豊かさ」に気づき、楽しむ女性性と対で必要な男性性の力。
現実を見極め、必要なものを調達する力です。

今日、あるコミュニティで「何を備蓄したらよいですか?」と質問されました。
必要な人もいるかもしれないので、その答えを、ここでもご紹介したいと思います。
災害があっても大丈夫レベルで準備していますので(笑)、少々多いと思います。
備蓄は、少しずつ用意するのがポイントです。
買占めはされませんように……。

※都会に住んでいる方用リストです

1、食料
・米(無洗米、鉄分入りなど数種)、パスタ、缶詰、味噌、醤油、塩、カップラーメン、レトルトカレー、煮干し、防災の非常食セットなど
・水1か月分

2.栄養
・大高酵素(賞味期限がない酵素なので、栄養補給に)
・プロティン(タンパク質)
・ビタミン

3.雑貨類など
携帯トイレたくさん
コンロ、カセットボンベなど
紙皿、紙コップ、使い捨てスプーン、割り箸など
サランラップ(皿を汚さないために皿に敷いたりできます)
ポリ袋(130度の耐熱だとパッククッキングに使えます)
アルミ(火を使うとき用)
ロウソク、マッチ
充電器類、乾電池、懐中電灯
水を使わないシャンプー
ウェットティッシュ
トイレットペーパー
ゴミ袋
防寒シート
除菌剤
使い捨てビニール手袋

関連コラム

カテゴリー