COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆悪運の強い男vs 不器用な男

◆悪運の強い男vs 不器用な男

◆悪運の強い男vs 不器用な男
札幌で、甥っ子・長男の大学合格祝いをしました。
二浪してやっと……。
妹はシングルマザーでお金がなく、仕送りもできないので、
地元の国立医学部の一択しかありませんでした。

長男ゆえ?不器用でなかなか実力を発揮しきれず歯がゆい想いをしたと思います。

一方、お調子者の三男。
いわゆるADHDで気分屋で、勉強したりしなかったりムラがあり、
親の言うことは一切聞かず、妹がヒステリーになることもしばしば。

しかし、なぜか本番に強く、実力以上の成果を出すのです。

昨年、中高一貫の進学クラスに合格したものの、1年目で既に、毎回ほぼビリ…。
進学クラスから落ちること間違いない、と皆に言われていました。

この三男。
幼稚園の頃から女子にモテモテ。
小学校に入ると、女子のお母さんにモテモテ。
空気を読み、相手が一番言ってほしいことを必ず言葉にでき、
お母さん達が「将来、うちの娘と結婚してほしい」と懇願するほど、
女心を掴みメロメロにさせてしまう特技があるのです。

妹の旦那さんがガンで亡くなった時、まだ年長さん。
兄弟が騒いでいる時、1人そっと妹の側に寄り、
「お母さんが一番頑張っているよね」と妹の頭を撫でるほどの凄腕でした。
年長さんで!

なので、この子に学歴はいらないと思って、妹に
「営業マンかホストで食べていけるから、進学クラスから落ちてもいいじゃない」
と言ったら、却下されました……。

ホストに合っていると思ったのにな…。

そして奇しくも、今日、どのクラスになるか通知が届きました。

通知を読み上げてもらい
誰もが間違いなく落ちた!
と思いきや、逆でした。

つくづく悪運が強い!

「オレは試験に落ちる気がしない」
とうそぶく三男。

その図々しさを長男に分けてあげたい。

関連コラム

カテゴリー