COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆救われたいと思っているうちは人生は変わらない

◆救われたいと思っているうちは人生は変わらない

◆救われたいと思っているうちは人生は変わらない
「もう別れよう」と言っても、「お願いだからあと3ヶ月付き合ってください」
と言われ、何度も繰り返し、早1年。

ようやく納得して別れてくれました。
旅立ちの春にふさわしい……。

(笑)

先日、養成講座に来ていただいている千神弥生さんの記事がメディアグランプリに選ばれた記事を書きました。

その後、その記事は、メディアグランプリを獲った強者達の中での順位が出たそうです。
何と「初」の「1位」に輝いたそうです!

おめでとうございます!

◆1年3ヶ月あまり、千神弥生さんに、文章術を伝えてきました。
途中、あまりのことに、何度私が和田アキ子化したことか……

ひと言で言うと、「甘え」。

私は「最初のうちは、毎日続けないと意味がない」と何度も伝えました。
それなのに、それがなかなか続かない。

「記事で人を魅了し、更にお金もきちんと稼げるようになりたい」
そう懇願されたので、超破格の価格でコンサルすることになりました。

しかし。
やはり「安くする」とかえって上手くいかないものです。

最初は「絶対ガッツで頑張ります!」
と言っていたのに、時間が経つとモチベーションが落ちる……。

結局、根底にあるのは
「救われたい=佐藤先生に教えてもらえばなんとかなるという見通しの甘さ」
と感じました。

それで「もうやめましょう」と何度も伝えることになったというわけです。
「続けられない人を、私は教えるつもりはない」のです。

すると「今度から毎日書きます!あと3ヶ月お願いします」
と、なかなか別れてくれない……。

さながら別れを告げても別れてくれない恋人のようでした(笑)。

しかし、後半は目の色を変えて、本当に毎日原稿を書いて、私に送ってきました。
その結果、どんどんメディアグランプリを獲るようになり、遂に今回、強者達の間で1位になりました。

素晴らしいと思います。

先日、実力をつけたので、私の文章コンサルから卒業したばかりです。

もちろん、千神弥生さんの努力の賜物だと思います。
が、一番の鍵は「救われたいという意識から卒業したから」だと思います。

どんなに実力があっても、 ベースの意識を変えないと、結果はなかなか出ないものです。

昨年から、私は色々な講座でこうお伝えしていました。
「これからは意識が結果に反映されるのが早くなります」
「だから、最初の動機を濁らせないでください」

最初の動機が「救われたい」だと、これからは難しくなります。
そう考えると、コロナ騒動は、主導権を自分に取り戻すきっかけに思えてならないのです。

関連コラム

カテゴリー