COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆きちんとしない方が上手くいく人達

◆きちんとしない方が上手くいく人達

◆きちんとしない方が上手くいく人達
甥っ子三男は、いわゆるADHDグレー。
授業中はじっとしていられません。

ただ、全く授業を聞いていないようで、不思議といつの間にかポイントだけ押さえています。

中学がzoom授業になってから、同級生はなかなかzoomに入れなかったり四苦八苦。
しかし、この子はすぐにzoomのやり方をマスター。

と思いきや、zoom授業中は、ずーーっと同級生のモノマネをしていたり(笑)、
急にモノマネしなくなったと思ったら、寝てしまったり……

全く授業を聞いていないと思いきや、終わった途端、
今日の授業のポイントをわかりやすくまとめて、同級生にLINEしてフォロー。

聞いてたんかいっ!
と、皆が驚く。

……。
これ、あの人とソックリ👀

そう、旦那さんです。
色々な打ち合わせの時、寝そべって話を全く聞いてないようで、
ポイントは押さえて、わかりやすく伝える。

甥っ子も旦那さんも、「きちんとしていない」ほど天才性を発揮します。

リラックスしているからこそ、物事の核を掴めるのです。

普通や常識を押し付けたら、どんどんダメになり、つまらない人になります。

妹も最近このことがわかってきたと言います。
「この子に、ちゃんとしなさい!と言えば言うほどダメになる」

遊んでいて、話を何も聞いていないように見える時ほど安心していいのだ、と。

そう。
それでいいのだ。

◆多動性で、一か所にじっとしていられないのが、甥っ子と旦那さんの共通点。

旦那さんは今やすっかり札幌に馴染み
毎日毎日、昼はゴルフ、夜はポーカーに入り浸り、新しい友人を毎日作り、出歩いています。

一方、甥っ子も多動性を活かした勉強法を編み出したようです。

立って動きながら勉強すると調子が良いそうです笑。

学校が再開しても、こんな風に自由に授業を受けられたらよいですね。

関連コラム

カテゴリー