COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆究極の愛に辿り着くまでの道のり

◆究極の愛に辿り着くまでの道のり

◆究極の愛に辿り着くまでの道のり
コロナをきっかけに、ますます出無精な私ですが、
衝動を抑えきれない時だけ行動しています。

ピンときたらパン!

先日、facebookで小西温子さんの投稿で
紹介された絵が目に飛び込んできた瞬間、完全に一目惚れ!

小西さんのご案内で、作者の武田京子先生にお会いしてきました!
植木祐子さんも一緒でしたよ。
(お2人とも札幌の著者さんです)

◆写真の宇宙シリーズは50代で突然、
瞑想中に降りてきたそうで、13年間で25作を描き続けたそうです。

それまでは20代から普通に花の絵を描いていらっしゃったのですが、
宇宙シリーズで見事に融合されています。

上の存在から動かされて、絵を描き続け、途
中で何度も辛くて泣いた話などもお聴きしました。

宇宙シリーズを描きはじめてから覚醒して、
来る人来る人の魂の状態が全部見えてしまうようになったお話も面白かったです。

宇宙シリーズは、24作目の「究極の愛」で終わるかと思っていたら、
まだメッセージが来て、最後の25作目は「次元上昇」。

素晴らしかったです!

25作をまとめたナレーション入りのスライドを見せていただきましたが、
今の地球にピッタリのメッセージがいっぱいでした。

宇宙シリーズは、地球の再生、次元上昇までの一連のストーリーを描いたものだそうですが、
コロナを端緒に、私たちがどこまで進化できるのか、分岐点だなと感じました。

3作目の「愛」についてのナレーションが頷くことばかり。

今までの愛は「情の愛」だったが、
それを超えて宇宙的な愛に目覚めていく必要がある、
という趣旨でしたが、本当にその通り。

それが24作目の「究極の愛」で昇華されているような気がしてなりませんでした。

そのあとのラスト25作目「次元上昇」なんですよね。
深い……。

札幌に移住して本当に良かった、と思える出来事でした。

小西温子さん、ありがとうございます!

★写真は1作目と2作目です。
もう20年以上前の絵なのに、全く色褪せてないです。

関連コラム

カテゴリー