COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆弱虫だった彼がエベレスト登頂成功したワケ

◆弱虫だった彼がエベレスト登頂成功したワケ

◆弱虫だった彼がエベレスト登頂成功したワケ
前回アップした「魅力的な叔父さん」シナリオで登場した叔父さんは実在します。
私と初めて出会ったその日、彼は開口一番「僕は必ず火星に行きます!」と叫んでいました。
……。

彼の名前は星野誠さん。
銀座・新宿で「誠眼鏡店」を経営しています。
あのシナリオは、どこまで事実で、どこからフィクションか……
その答えは、誠さんが出版された『メガネが人生を変える』に書かれています。

ちなみに、エベレスト登頂成功したのは「事実」です。
世界七大陸の全最高峰に「毎日毎日」メガネをかけ替えながら登頂したそうです。
持って行ったメガネは50本以上……

これだけでも、ぶっ飛んでいる誠さんの一端をうかがい知れます(笑)。
普通、命の危険を心配する局面ですが、
誠さんは「メガネを替える」ことがパンツを替えることよりも大事なことなのですから。

でも、それこそが誠さんの秘密なのです。
誠さんは昔、弱虫で人目を避けてコソコソしていたそうです。
し、信じられない……。

シナリオを書く時、「誠さんならこう言いそう」と想像しながら書いたのですが、
「こう見えても、オレは昔、人からどう見られるか気にしてばかりいた」のセリフは、あながち妄想ではなかったようです(笑)。

誠さんが学生時代、1本のメガネに出会い、そこから人生が好転し始めました。
そして、誠さんが販売しているメガネをかけることで、人生が好転し始めたお客様も続出。

たかがメガネでなぜ人生が変わるのか?
ひと言でいうと、今の自分なら絶対選ばないメガネをかけることで
「心のブレーキを叩き壊すことができたから」、と本に書いています。

確かに、心のブレーキは叩き壊れるわな(笑)。
本の冒頭に誠さんのメガネ姿が載っていますが、一番上はGacktかと思いました。

◆本の中で、誠さんがお客様の未来にあうメガネを1本1本丁寧に選ぶエピソードがたくさん掲載されています。

メガネを選ぶ基準は、かなり奥深いな……と誠さんのメガネにかける変態的な情熱が伝わってきます!

私自身、「未来を変える方法」を提案していますが、
頷くことがたくさん書かれています。
「今の自分を超える未来」を描く参考になる本です。

関連コラム

カテゴリー