COLUMN

  1. HOME
  2. コラム
  3. ◆森の時計

◆森の時計

富良野の朝は肌寒い。
男はブルゾンを羽織り、
森の小道を無言で進む。
「それ、UNIQLOですか?」
後ろを振り返り、無言で頷く。
寡黙な男だ。
喫茶店「森の時計」が目の前に現れた。
倉本聰のドラマ「優しい時間」で主人公が開いた喫茶店。
男は突然、くるりと振り返った。
と思いきや、足を交差させた。
遥か遠くに何かあるのだろうか…謎の目線。
ハッ!
この瞬間を逃してはいけない。
私は夢中でシャッターを切った。
シャッターが追いつかないくらい
目まぐるしくポーズをとる男。
バサバサバサ…鳥たちが一斉に飛び立つ羽音。
朝の静寂な森の空気が、乱れた…気がした。
※ ※ ※ ※ ※ ※
富良野の夕方は肌寒い。
男はダウンベストを羽織り、
朝と同じ道を辿る。
「それ、UNIQLOですか?」
思いがけず、男は激情を露わにした。
「これは違う!」
す、すみません💦
「嫁はベストはUNIQLOで充分って言ったんだけどさ」
「でもさ、ベストと言えば…うんたらかんたら…」
あ…話が長くなりそう。
咄嗟に私はカメラを取り出した。
シャッター音が響くか響かないかの一瞬で
先程の激情が嘘だったかのように、
男は自分の世界に入っていく。
男の傍らには
オーバーオールを着た白い犬。
もしや!
私は衝動を抑えきれなくなり
犬のオーバーオールのタグをひっくり返してみた。
そこにはこんな文字が…。
UNIQ……

関連コラム

カテゴリー